波動科学とは?

科学の本来の姿

これまで人類は、「電気、電波、磁力、素粒子、細菌、ウィルス、遺伝子」など、
肉眼では視認できない「物質」や「エネルギー」の存在を見つけ出し、

そのメカニズムや自然法則を解明することで科学技術を確立し、
数々の発明品を生み出し、科学文明を発展させてきました。


近代の天文学によると、宇宙のほとんどは「ダークマター」や「ダークエネルギー」と呼ばれる、
質量(重さ)を持つのに、現代の機械では視覚(光学)的に観測できない
未知の物質やエネルギーで満たされている様です。

その「謎」や「正体」を探ろうとすることは、もちろん科学です。

「電気」や「細菌」の存在も、
その謎を探ろうとした過去の科学者たちによって、正体が解明されてきました。


波動とは、肉眼では目視できないし、現代科学の機械でも測定できませんが、
人間がその肌で感じ取る事のできるエネルギーの事です。


たとえば、ピリピリした空気、空気が凍り付く…など、

一般的には「空気(雰囲気・オーラ)」などと表現されていますが、
それこそが「波動」のことを指します。

一般の人々は、ごく普通の人生経験の中でも、波動を感じながら生きているのです。


肉体は感じているけど、意識では認識していなかっただけです。


現代人は、風邪の菌やウイルスが蔓延している空間ってわかりますよね?
(ノドがイガイガしたり、ムズムズする感覚になります)

それは、菌やウイルスの存在を知っているから、そう思えるのです。


菌やウイルスの存在を知らない人なら、菌やウイルスが蔓延している空間にいても、
「なんか調子が悪いかな…?」と思うくらいで、深く考えず、気にも留めないでしょう。


私は子供の頃、「人工の化学的な食品添加物」が入った食品を気にも留めずによく食べていましたが、
今では、口に入れた食品に「人工の食品添加物が入っているかどうか?」がよくわかります。

意識して気にし始めるから、その存在を明確に感じられるようになるのです。


他にも、特に何もされていないのに、近くにいるだけでイライラする人がいたり、
ネガティブな人と話した後に、身体が重くなったり、だるくなった経験はありませんか?

それも波動の影響です。


さらに言うと、脳内ホルモンが空気中を飛散する訳でも無いのに、
なぜ人間は、「他人の感情」を読み取ることが出来るのでしょう?

人間は、目に見える「表情の動き」だけで他人の感情を読み取っているのでしょうか?

いいえ、表情が笑っているように見えて、内心怒っている人もいますし、
人間は、そういった人の感情も理解することもできます。

現代の機械では測定できない感情のエネルギーが、空間を伝わってくるのです。


私、中井貴雄は、
そういった「心理と波動のメカニズム」を科学的に解明しようとする科学者です。


磁石が鉄にくっつくのは、目に見えない「磁力のチカラ」です。

現代では、「磁力のメカニズム」の多くは解明されてしまいましたが、
文明が発達する前の人々は、磁力を不思議に感じていたに違いありません。

そんな、不思議なチカラの「謎」と「正体」を解き明かす事が、科学の基本なのです。


現代科学の機械では測定できなくても、人間の肌で感じ取れるエネルギー…、
そんな「波動」の謎や仕組みを解き明かす行為が、波動科学研究なのです。

 

波動科学研究に至るまでの経緯

私、中井貴雄にとっては、そもそも「幸せ」が最初の研究テーマでした。

人間が幸せになる為にはどうすればよいのか?

その「答え」を見つけるために、
私は20歳の頃から「心理の構造」「物理学的な観点」で研究していました。


しかし、人間が幸せになるためには、「心」というテーマだけではなく、
「お金」や「健康」も重要であることがわかってきました。


そこで、「心理・経済・健康」の3領域が
それぞれ高い次元で満たされる状態を目指して、心理以外の研究を始めました。


後でわかったことですが、
私が生まれるより以前の昔から、WHO(世界保健機関)が、

「健康とは、身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、
 たんに病気あるいは虚弱でないことではない。 」

という風に健康を定義していて、まったく同じ内容を主張していた訳です。


私は、そこから時を経て、「心理・経済・健康」の生活基盤に加え、
「人間関係」が良好で、「情熱的に生きること(やりたい事をやること)」
幸せにとって重要だと理解しました。


最終的に、人間の幸せとは、
総合的な【 ライフスタイルの「バランス」と「質の向上」である 】と理解しました。



なぜ、そこから「波動科学研究」に向かうか?というと、
私自身が、「エネルギーが宿ったパワーストーン」を身に付けた経験によって

人間の精神状態や体調は、「波動の影響」を大きく受けている!

という事がわかったからです。


波動には「ポジティブ(良い影響)」と「ネガティブ(悪い影響)」があります。


ネガティブな波動を退け、ポジティブな波動を浴び続けることが、
人間の「心身のコンディション」に良い影響を及ぼす。

もっといえば、自分を取り巻く波動環境が「人生全体に多大な影響」を及ぼす。


その事実を理解してから、私の「波動科学研究」が始まったのです。


それもこれも、最終的には「幸せ」という根本のテーマに繋がっているからなのです。